クレンジングゲルを使う上でのポイント

適度な弾力性を持つクレンジングゲルは、クリームよりも洗い流しやすく、オイルのようにこぼれにくいのが特徴です。

手や顔が濡れていても使えるものも多い事から、使い勝手が良いと人気を集めています。

そこで、メイクも落とせる洗顔料だけでは、本当にメイクを綺麗に落とせているのか不安という方や、オイルクレンジングはベタつくから苦手という方に、クレンジングゲルをオススメします。


そんなクレンジングゲルは、一般的なメイクであれば、問題なく落とす事が出来ます。
しかし、ウォータープルーフ処方のマスカラのような、しっかりとしたメイクを落とすのは難しいと言えます。
そこで、こうしたポイントメイクは専用のリムーバーを使って落とし、その他の部分のメイクをクレンジングゲルで落とすという使い方が、最も効率的です。

クレンジングゲルに関する情報が満載のサイトです。

また、クレンジングゲルを使う上で、すぐに顔に馴染ませないというのも、ポイントです。
オイルを含むタイプの場合、手の平の上で少し温めてから顔に馴染ませた方が、メイクの落ちが良くなります。


その為、すぐに顔に馴染ませるのではなく、1度手の平に取り出して、温めてから使うようにしましょう。



しかし、この使い方はあくまでオイルを含むタイプのものであり、オイルを含まない水性タイプであれば、温める必要はありません。



そこで、手の平で温めるのが面倒に感じる方は、オイルを含むタイプではなく、水性タイプを選んだ方がスピーディーにメイクを落とす事が出来るでしょう。